スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

舞鶴・夕景&夜景

 2006-06-21
舞鶴は 昼間だけではなく
五老ヶ岳から眺める夕景や
ライトアップされた赤煉瓦倉庫・
漆黒の海に浮かぶように照らされたクレインブリッヂなど
夕景・夜景のスポットも見所です。

maiduru-y001.jpg

舞鶴・夕景&夜景 の続きを読む

スポンサーサイト

京都・舞鶴

 2006-06-21
京都北部に位置する舞鶴は
明治から昭和初期にかけて 
国の重要拠点として 鎮守府や海軍機関学校が置かれ
軍港として栄えてきました。
当時の面影を残す場所が 今も残っています。
その代表的なものとして 赤煉瓦倉庫群があります。

戦後 平和の街へと生まれ変わり
旧ソ連や中国からの引揚者が舞鶴港に帰ってきました。
「岸壁の母」という歌の舞台となった所です。

このように 洋風の感じがする街のようですが
和風の味を漂わせる雰囲気を
醸し出している竹屋町千歳地区などもあります。

maiduru-f010.jpg

京都・舞鶴 の続きを読む

出石城

 2006-06-13
出石の地に初めて城を築いたのは但馬守護だった山名氏で 
出石の北の此隅山(このすみやま)に城を構えていましたが
秀吉の但馬攻めで落城し 有子山(ありこやま)に築城しました。
しかし 秀長(秀吉の弟)の第二次但馬攻めによって
有子山城も落城してしまいます。

秀吉の時代になると
龍野から 小出吉政が出石に移されました。
吉政の嫡子・吉英の代になると
有子山城が廃城され 山麓の出石城が本城になりました。

izusi-si001.jpg

出石城 の続きを読む

辰鼓楼

 2006-06-03
旧藩時代 辰の刻(午前8時)に 太鼓を打ち鳴らして
藩士の登城を告げていた太鼓櫓を
辰の刻に鳴らす事から 「辰鼓楼(しんころう)]
と呼ばれるようになったと言われています。

現在の辰鼓楼は
明治四年 旧三の丸大手門脇の櫓台に建設された鼓楼です。
当時は 一時間ごとに太鼓で時を告げてきましたが
明治十四年に時計が寄付され
これ以後 時計台として町のシンボルとなっています。
今は 三代目の時計が 朝・昼・夕の三回時を告げています。

izusi-s000.jpg

辰鼓楼 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。