スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

琵琶湖疎水&インクライン

 2006-04-13
琵琶湖疎水は 明治期に衰退していく京都の復興のため計画されたものでした。
当時の大工事は 外国人技師の設計・監督で作られていたのですが
この琵琶湖疎水は 21歳の青年技師を中心とした日本人だけで作られました。

疎水は 滋賀県の大津市から長等山をトンネルで抜け
山科の山麓の幾つかのトンネルを流れ
日ノ岡山のトンネルを抜ける経路を通って京都市内へと流れています。
中でも長等山の第一トンネル(2,436m)は 当時 類をみない長大なトンネルでした。

途中 九条山から蹴上にかけては
582m下る間に36mの標高差の勾配があり
船が通れないので インクライン(傾斜鉄道)を敷きました。
そのインクラインの台車に船を乗せて行き来しました。

インクラインは すでに廃止されていますが
琵琶湖疎水に面して インクラインの桜並木をはじめ
さまざまな憩いの場が設けられています。
また 上水道・防火用水などにも使用されて
現在も 疎水は機能しています。

sosui001.jpg

sosui002.jpg

sosui003.jpg

sosui004.jpg

sosui005.jpg

sosui006.jpg

sosui007.jpg

sosui008.jpg

sosui009.jpg



ブログランキングに参加しています。良ければ バナーをポチッと押してください。

ランキング・バナー

スポンサーサイト
コメント
006
柳(?)みたいのがあるから♪
【2006/04/18 20:21】 | こまち #- | [edit]
こまちゃんは植物が好きなんやね。
東山の方でも バックが竹のが良いって言ってたし。
【2006/04/20 21:09】 | ととろ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://totoro1971k.blog54.fc2.com/tb.php/20-496a05c7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。